消費者金融 比較 案内所



















プロミス






スマホ・webで24時間申込可能





来店不要・最短即日融資







プロミス 詳細はこちら













アイフル




最短30分の審査


即日融資も可能


スマホからいつでも申込可能





アイフル 詳細はこちら










モビット




スマホで24時間キャッシング



申込から借入までweb完結





モビット 詳細はこちら








プロミスレディース




プロミスの女性向けサービス・プロミスレディース



女性のためのキャッシングサービス





プロミスレディース 詳細はこちら






























プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。






プロミス 詳細はこちら



プロミスレディース 詳細はこちら







モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。





モビット 詳細はこちら







アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。






アイフル 詳細はこちら


消費者金融 比較 案内所

延滞や虚偽申請などで事故履歴が残ることを「ブラックリストに載る」「ブラックになった」と言います。
その対象者でも、お金を貸そうという企業が、ないわけではありません。とはいえ、喜んでもいられません。

 

 

みんなが知っているような老舗金融業者や銀行などでは確実に審査オチしてしまうため、中?小レベルの金融業者に融資の申込をします。
ワイドショーやウェブのネタサイトでも取りあげられることがありますが、それらの会社は知名度がもともとないですから、少しくらいの悪評は気にしない場合が多いようです。借り方、返し方次第では大丈夫かもしれませんが、注意が大事でしょう。

 

私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。一社は十万円、もう一社が二十万円で組んでいて、今は合わせて二万円を返済費用としています。

 

 

困った事に、どちらも最大利子での貸付なので、どれだけ返済を進めても、返済額が減る様子がありません。計画を見直し、別の消費者金融で借り換えようと思ったのですが、審査が厳しく、断念しました。
金額的にはそこまで大きな額ではありません。ですが、初めてのカードローンで今は困った事になってしまいました。
はじめてキャッシングを利用する人には、早い、簡単、便利なカードローン(キャッシング)がおすすめです。

 

申し込みも昔と違ってネットだけで完結しますし、本人確認(就労先への電話など)もスマホアプリを使ったり、写メ等でできてしまうから嬉しいです。飲み会みたいな小額なら提出書類も最低限で済み(小額は収入証明不要)、手間も時間もかからなくて、使わなくても契約しておけば、役に立つときがあると思います。気軽に借金を返すことができる利用しやすい返済手段といえば、コンビニ返済です。

 

 

コンビニは昼も夜も空いているので、いつでもいくことができ、思い出しやすいです。普段立ち寄る機会の多いコンビニは、私自身も仕事の合間や帰りがけなんかにも立ち寄ったりします。
借りたお金を返しているということが周囲にさとられないことも気軽に利用できるいいところです。借入したいけど審査が心配という人は少なくないでしょう。
でも、仕組みはどんどん改善されていて、あっというまに終わってしまうんです。

 

 

キャッシングのほとんどは10万円前後の少額ですが、申込入力と審査で60分くらい考えていれば充分でしょう。

 

PCをリロードしたら(口座に)入金されててビックリしたという話も聞きますが、それすら既に常識なのではないでしょうか。

 

 

 

免許証やパスポートなど顔写真つきの公的証明書があれば、超手軽。スマホアプリだけで申し込み完結してしまうので、忙しくても簡単に利用できる点がありがたいです。
僕は営業の仕事をしていて、カードローンを使うことがあります。

 

だからというわけではないですが、「借金」=「だらしがない」という固定概念には賛同しかねます。
借金そのものの存在を隠蔽することにつながる気がするからです。

 

たとえば自身が世帯主である女性や主婦の方が、きちんと遣り繰りした上で、向上心や目標を持ってお金を借りるのでしたら、陰口を言われたり、本人が後ろ暗く思う必要はまったくないと思います。

 

 

だからといって濫用はいけませんが、周囲も本人ももっと客観的な目で見つめたほうが良いのではないでしょうか。金融業界としても積極的なイメージアップを図り、こうした人たちに向けた新しいプランを提供していく姿勢が必要でしょう。

 

 

 

私の弟が、まだ大学生にもかかわらず、バイクを買いたいからといってろくに考えもしないで、キャッシングサービスに手を出していたことが私たちの親にばれちゃったんです。
大学が遠方のため、実家を離れていたこともあって、キャッシングでお金を手に入れてるなんて事は当然、私も両親も知りませんでした。

 

 

 

でも、返済がスムーズになされなかった為に今度は親の方に督促の知らせが届いてしまって、すっかりばれたのです。最終的に親が尻拭いしてくれて、弟の借金は無事になくなりました。そのかわり、弟はかわいそうなぐらいものすごくお叱りを受けていました。
どうあっても当日中にお金がなければ困るのに、手元のお金が乏しいといった悩みを抱えておられる方には、その日すぐにお金を借りることができるキャッシングが何よりオススメとなっています。

 

 

 

カードローンを行っている会社の多くでは、当日中の融資を受け付けていて、そこで求められる手続きさえ済ませたなら、何日も待たず、その場で融資を受けることもできるのです。いまどきのカードローンは利便性が著しいです。
申込みひとつとっても、時間も手間も短縮されて、利用者にとっては嬉しい限りです。なんといっても、手続きから融資終了までのすべての手続きをネットだけで済ませられるWEB完結というサービスが、複数の会社から提供されており、ある程度の金額までなら本当に即日融資が受けられるのは常識という感じです。

 

提出書類は金額でも変わってくるかもしれませんが、デジカメやスキャナなどで撮影したものをアップロードしたり、メール添付するなどで対応します。

 

 

急にお金が必要になったとき、キャッシングで即日融資してもらえるのが一般的になってきて、大手金融会社のカードローンでも最短60分!なんて言うのもざらです。

 

各社の審査基準は公表されていませんが、市場そのものが狭くなり、利便性による集客を目指しているとか、審査・融資のスピード化の裏には様々な理由があると思いますが、多忙な勤労世代にとっては本当に有難いことです。

 

カードローンに限った話ではないのですが、借金をしようとした際に、お金を貸す側が最も重視するのが、借りる人がきちんと返済できるのかどうか、という問題ですよね。その為に、これから住宅ローンの融資を考えている方は、審査においてカードローンなどでお金を借りていると、計画通りに住宅ローンを返済が完了するのか、経済的な能力はあるのか、といった不確定要素から不利になると言わざるを得ません。

 

 

 

キャッシングでお金を借りるときは、一社から借りるほうが複数に比べて管理しやすく、返済が滞る危険を回避できて良いと言います。しかし、1社だけに絞っていれば本当にトクだというわけではありません。
2社目で借りることによる利点があるのも事実です。
それは2社目の金利がいままで借りている金融機関より安い場合です。
また、審査に時間はかかるかもしれませんが、高額融資(上限500万円)が受けられたりと明らかに2社目を利用するほうがトクになることがあります。

 

 

限度額なら1社目のほうで引き上げ可能だったりしますが、金利の違いがあれば2社目を考慮したほうが良いでしょう。

 

一昔前には、お金を借りると言えば、余程の事だったので、それなりに返せる見込みがあり、もしもの場合、肩代わりしてくれる人まで付けるのが当然で、その人の収入に関する保証がいらないなんて事は、どんな経緯で実施されるようになってきたのかわかりませんが、借りる予定のお金がそこまで高額でない場合に限り、このところ収入の多寡を問われることなどなく、証明書の提出も求められることがないのが、普通で、手続きが以前と比べて簡便になってきています。

 

 

数百万円と言うのが、実際の小額の相場らしく、その設定には驚かされます。

 

小額どころか、超高額だと思うのは私だけではないでしょう。
このように、結論としては、今「小額の」お金を借りるには、収入に関する如何なる保証もなしで実行されるということですよね。お金を借りる苦労は並大抵ではないので、このようなシステムは大歓迎です。

 

 

 

消費者金融や銀行のカードローンを利用するのは、ほかにお金を用意する方法がないときだと思っています。どうしても欲しいものがあったとして、それが今後の返済と等価値なのか考えてから借りるべきでしょう。
それに、程度の差こそあれ、借金がなかった頃に比べると生活が楽になるとは思えません。

 

 

 

むしろ逆で、だんだん金銭感覚の修正が難しくなるようにも思います。

 

それを避けるためには自主性が大事だと思います。使途をある程度絞り、どうしても足りない分だけを借り入れすれば、あとで後悔することもないでしょう。一例ですが、楽天スーパーローンは多少は審査が甘い傾向にあるようです。なおかつ、最初に楽天銀行の方で口座を設ければ、貸付金を、他社よりも多い金額で始めることができます。

 

 

楽天カードローンをお考えの方は、主婦や低収入の人も楽天銀行に口座も作った方が良いです。
気になる金利についても、他社と同じくらいですし、30万円以内の貸付金であれば、返済も月に5000円のリボ払いで大丈夫ですし、返済に悩むことは少ないと思います。給料日後にいろいろ使いすぎて、うっかり金欠になることがありますが、キャッシングできるよう、カードを作っておけば安心です。使いみちを限定していませんから、様々な出費において困らずに済むのはありがたいですね。
手近なコンビニのATMなどで、必要な額だけを借り入れて、次のお給料でスパッと一括返済すれば、利息を払わずに済む『何日以内は無利息』も、昔に比べると増えました。金額や使途にもよりますが、人間関係を難しくするような借金はできれば避けたいですね。
自分にふさわしいカードを探して契約しておくべきでしょう。

 

 

 

クレジットカード会社などからキャッシングする時はどこかに出向くことなくスマホだけでお金を借りる方法を探すと即日融資の可能性が高まり、時間がないときにも使えるので役立ちます。
スマートフォンを利用して融資の依頼をする利点はパソコンが使えない状況、例えば移動中の時でもやりたいときに簡単に申し込みに必要な情報を入力して送ることができ、急にお金が必要になっても役立つことです。
これまで私自身が利用したものに限った話ですが、カードローンを組むにあたって不安の少ないところはどこだろうかと考えてみますと、三井住友カードローンが一番良かったと思いました。

 

 

 

まず大手銀行系ですから安心感があります。また、利便性が高い事もその理由です。時々、条件に引っ掛かってしまって希望金額が減らされたなんて事もあるらしいんですが、これまでのところ、審査は全てパスしています。カードローンやキャッシングの返済日が迫っていたら、コンビニのATMで返せることを思い出してください。忙しい人やうっかりさんにはとても便利ですね。忙しいときや疲れているときに、わざわざ銀行や消費者金融に寄り道するなんて、時間のムダというものです。普通に名前を知っているコンビニならほとんどの店で返済ができてしまうんです。コンビニの最大の利点は24時間営業です。

 

 

これなら家でTVを見ていていきなり思い出したときにも安心です。
土日祝日対応も嬉しいですね。

 

 

はじめてクレジットカードを作ったときのことを覚えていますか。

 

社会人は持っていなくちゃとなんとなく思って作ったもので、22歳のときでした。なんとなくの割に年齢だけは覚えています。
使うというより、キャッシュバックキャンペーンが目当てでした。カードは思っていたより早く届きました。特に設定した覚えはないですが、クレジットカードにはキャッシング(借入)枠というのがあり、自分の月収より多い金額をこのカードだけで借りることができるんです。
財布の中にはせいぜい2、3万しか入れていなかったので、一気にそれが何倍にもなったようで怖いなと思ったものです。借入も返済もスマートにできるキャッシングは多忙な社会人には重宝しますが、考えなしに利用しすぎてしまうと、予定通りに返済できない(難しい)ときがあったりして、せめて途中で見直していたら良かったと思うことになるでしょう。
うまく使うには、コツがあるのです。

 

借りたお金はかならず出ていく(返済する)ことをしっかり頭に置いて、借り入れたあとも、ときどき残高と返済見込みを確認しながら利用する気持ちを忘れなければ、キャッシングの本来の良さというのを実感できます。
新しくカードローンを申し込むと、かならず審査があります。
そのプロセスのひとつとして在籍確認といって職場に勤務している実態があるかどうか、確認の電話をかけてくる場合があります。

 

 

必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、いつ、どこでその話がもれないとも限らず、不安でしょう。

 

そんな不安を解消すべく、勤務先への電話確認を行わないで借り入れできる金融業者も増えています。大手ほどしっかり対応してくれるようで、職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、それ以外の方法(提出書類を増やす)で済ませられるようです。

 

自分の場合は何が必要なのか問い合わせてみると良いと思います。あまり知られていませんが、消費者金融のキャッシングは、融資に銀行口座は必要ありません。店頭で相談、または自動契約機で、銀行口座を経由することなくその場での審査に通ればキャッシングがすぐにできます。
カードの郵送や本人確認を終えるまでに日にちがかかりますが、ネットから申し込むこともできます。

 

銀行系の金融機関では、自行の口座がない人でも銀行のATMを利用してキャッシングができるところもあります。

 

 

 

キャッシングで同じ額を借りると仮定したときの年率は、審査基準の甘さ(厳しさ)とそれなりの相関性があると言えます。つまり「即日」や「何分で審査」と言っているところは高めで、ある程度審査に時間がかかることを最初から公言しているところでは、金利が低かったり、500?800万もの融資が受けられるなどの「スピードに代わる魅力」があるのです。一般論なので例外はあるかもしれません。

 

しかしどちらもそれなりに利用者のメリットというのはあるので、知らないで損をしないよう、時間のあるときにチェックしておくと良いのではないでしょうか。
与り知らぬ所で膨らんでしまった借金を返せず、姉が債務整理をすることになりました。

 

 

 

身近でこんなことが起こるなんて考えてもみませんでした。

 

甘い言葉のメールに、つい返信してしまったことがきっかけで、大きな借金を背負わされ、金融会社への返済義務が生じてしまったのです。それに加え姉は、精神の病を患っています。
何の問題もないかと思えば、ちょっとおかしい時もあり、その症状は一定していません。何事も信じやすい姉がすっかり騙されているわけですから、態度も普通だったでしょうし、それなりのお金を借りても返済できると判断されたのでしょうね。今や詐欺の手口も巧妙を極めており、数え切れないほどの被害を生んでいるようです。世の中からは忘れ去られた存在であるニートが、お金を借りようとした場合、そんなことを考えるより、働くことを考えたらどうだと説教のひとつもぶちたくなりそうです。

 

 

 

誰を頼りにしようと思っているかわかりませんが、お金を貸すことを専門にしている会社はもちろんのこと、個人事業のようなところでも貸してくれるどころか、ニートに貸すお金などないと追い払われるのがおちです。

 

ただ、身内となれば話は別です。

 

親族や友人から、お金を貸してもいいと言ってくれる人がいるかもしれないのです。

 

結局返せないような事態が起こるとしても、本人たちさえ納得していれば、こちらとしても文句を言う筋合いなどないのは当然のことです。
ただ友人なら、相手の生活を思いやる気遣いは常に持ち続ける必要があると思います。

 

キャッシングでお金を借りている人は現在の金利をきちんと把握しておきましょう。

 

 

 

それだけでなく、他の会社の金利も常に気にしておいてください。もしも、今の会社より金利が低いところを見つけたら、借り換えをしてみましょう。支払額は抑える方が賢明です。

 

ほんの少しの金利差でも、実際に年間の返済金額を計算してみると返済する金額は相当違います。
キャッシングを申し込んだときは返済方法を選択しますが、ボーナスやベアのない現代型雇用を冷静に見据えてか、リボ払いを選ぶ人が多いです。トータルの返済額は増えますが、決まった一定額を毎月払えば良いのですから、生活を圧迫することなく返済できる点は魅力です。あとから必要に迫られて借り入れしなければならないときも、融資条件までなら借りれて、しかも期間は伸びるものの、月々の支払いは変わらないのでストレスがなく、結果的に延滞のリスクを回避できるメリットは見逃せません。

 

 

 

コツコツ返していく派の人にもお薦めです。キャッシング審査にかかる時間を最短にしたい場合、写真付きの本人確認書類を持参して自動契約機で申し込みをすると簡便で、審査に時間もかからないため、突然の出費対策に向いています。
どの会社でも、借り入れの際には信用状況を問い合わせ、勤務先に在籍確認をして審査するので、滞納は厳禁ですし、収入が安定していて、返済が確実であることなど会社側の基準に合わせて、条件を満たすことが必要になります。キャッシングしたお金を返す時は定められた方法を用いて今後の計画を考え、無理をしないよう心がける必要があります。

 

 

 

仮に返せなくなったら当初の利息より負担が大きいいわゆる遅延損害金を払わなければならない上に信用情報に記録が残り今後はお金を借りられないので極力、滞納は避けましょう。